• 藤原由佳

【子どもの自由意志を抑圧しないためにできること】


こんにちは。風水コンサルタントのフジワラユカです。 私は世田谷区の子ども青少年協議委員をやらせていただいており、 昨日はその委員会がありました。

世田谷区がこの5年間取り組み続けてきたのは、

「生きづらい若者の支援」なのですが、

現場の専門職の方々がおっしゃるには、

ーーー親に反抗することなく、    イエスマンとして生きてきた子どもが    若者になり、    何をしていいかわからないという    生きづらさを抱えている。

ということ。

親に悪気があるわけでなく、 子どもたちの「自由意志」が 抑圧されているということは悲しいことです。

風水の八卦=バグアの中に、 「子どもと創造性」を高める エネルギーフィールドがあります。

これはお子さんがいてもいなくてもですが、 人には「自由意志」がとても必要で、 幸せの1つであるということが 語られていると私は理解しています。

自由な意思や自由な創造性が 人間が生きていく上で大切だということ。

日頃のコミュニケーションも、お部屋の空間でも、 お子さんの「自由意志」がのびのびと 羽をひろげられるようにしてあげてください。

お子さんの過ごす空間も 大人が支配しずぎないこと。 お子さん楽しんで表現したものを、 誇らしくかざり、認めてあげたりしてください。

自由意志=Free will

に、耳を済ませてあげてくださいね。

最後に、 このお話に関連してアートセラピストの

福島 康司 (Yasushi Fukushima)さんがくださったコメントを

シェアします。

✒️〜〜〜〜〜〜

真っ白い画用紙に絵を描けない子どもがいます。

こんな子は、画用紙に四角の枠を書いてあげると 描き始めます。そんな子どもは、 枠をはみ出すような絵は描けません。

「自由に好きなもの何を描いてもいいよ」 というと全く描けない子どもがいます。

他の子が何を描くか見ないと描けない、 見本や〇〇を描きましょうと言わないと描けません。

大学生に教えたときに、 好きな色で好きに描いてと言ったら、 描けない女性もいました。

親や先生の目や評価、他人の目や評価を、 小さいころから気にしすぎる環境がありますね。

最近本屋でも「好きなことだけして生きる」 というようなタイトルの本が多いですね その好きなことが何かわからない 感性の抑圧ですね。

〜〜〜〜

写真は福島康司さんのパステルアートです。

長文になりました。 お読みいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★風水バグアMAPプレゼントしています!

 メルマガ登録はこちら

http://fusuitokyo.raindrop.jp/lp_1/

★風水のことをもっとくわしくはこちらへ

https://ex-pa.jp/s/uketsuke

#風水インテリア #子供部屋風水 #風水鑑定 #子育て風水 #コンテンポラリー風水

0回の閲覧

© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス