• フジワラユカ

【風水】壁紙をブルーにしようと思うけれどどうですか?


こんにちは。風水コンサルタントのフジワラユカです。

これは今日クライアントさんからいただいたご相談です。

壁紙を変えてみるというのは、 お部屋のエネルギーを変える一助になります。

またその時に「選ぶ色」にも意味があるので とても大事なんですよね。

でも留意したい点もあります。

とくに壁紙は大きな面積ですので 水の要素となる「ブルー(もしくは黒)」の起用には 留意が必要なんです。

とくに、もともと水の要素の多い場所である

「キッチン」「浴室」はブルーや黒の壁紙にしてしまうと 水が多くなってしまいます。

五行のバランスを上手に保つことが必要です。

また、「廊下」など細い通路の壁がブルーだと 水の流れをより意識する空間になっていきます。

細長い廊下であればあるほど、 より「水」の流れのエネルギーによる影響がでていきます。

水の要素が多すぎる空間では、 「感情面」の起伏が大きくなりやすくなります。

また、冷たい、寂しい気持ちになったり、

流れに押し流されそうな状況になったりということも。

でも、決して水が悪いわけではありません。

五行のある自然界の1つのエレメントとして、 水は大切な要素。

要はバランスなんですね。

コンテンポラリー風水で用いる 「バグアマップ」には、

「自己成長」をサポートするエリアでは 青緑がよいとされていますし、

「道=キャリアや転機」をサポートするエリアでは 色なら黒や青、そして水の要素がよいとされています。

ですから、 その空間の壁紙をブルー系にしたくなるのですが、 以上のことから壁紙に用いるときは注意が必要です。

もしも壁紙やカーテンなど 広い面積がブルーでしたら、 ラグを「土」の要素であるアイボリーや黄色や アースカラーなどにしたりしてバランスをとることが可能です。

「水」をすいとるのは「土」ですね。

テラコッタや白木が印象的なフロアであれば、 一面がブルーの壁紙にしても好バランスになるかも。

とてもおしゃれなお部屋になりそうです。

そうした形で 全体のバランスを考えて 色やシンボルを用いていきます。

日本のお宅では 水の要素は総じてお部屋に不足しがちなので、

「水」の起用をこわがらず、

大きな面積からよりも、 小さな小物から取り入れていただくのがおすすめです。

はっと目にはいるターコイズブルーの花瓶や 青空のアートとか、テーブルセンターとか。

クッションなんかもいいかもしれません。

そしてこれはケースバイケース。

今日は壁紙を注文する一歩手前でご相談をいただけて 本当によかったです。

その方にラッキーエネルギーが

すでに流れていたのではないかと思いました☺️

バグアマップのこと、 風水のことをもっと知りたい方は

ぜひメルマガをご登録ください。

おかげさまで好評をいただいております^-^

★風水メルマガ(バグアマップも進呈中)

https://maroon-ex.jp/fx79379/MMentry

★風水個別相談メニュー(体験談更新)

https://ex-pa.jp/s/uketsuke

★Facebookページ(いいね!増えてます)

http://www.facebook.com/fusuitokyo/

★新刊本重版しました!「親子の日常をサポートする子育て風水」

http://amzn.asia/d/bArCHdR

☆お問い合わせはこちらへどうぞ

info@yukafujiwara-consulting.com

#コンテンポラリー風水 #風水TOKYO #風水インテリア #風水バグアマップ

#ブルーの壁紙

© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス