• フジワラユカ

【ネットの高校”N高”について話を聞く】@国士舘大学


角川ドワンゴが2016年に設立した「ネットの高校」 N高をご存知ですか?

旧来の通信制高校のしくみを利用しつつ 斬新なコンセプトで教育の多様性や可能性を打ち出している 最新の教育事例だと言えます。

N高の生徒数は、全国に1.1万人。 (けっこうなボリューム、インパクトです)

この学校には 主に3つの側面があると思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①ネット授業だけで高卒資格がとれる  =自由な時間に学べる(学び方の自由がある)

②年間の学費が68,700円〜 (ネットコースのケース)  =学生がアルバイトしながらでも支払える

③起業・投資・プログラミングなどベンチャー志向の  キラキラコンテンツが充実  =卒業後の進路を、就職や進学に加え「起業」を提案

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドワンゴの川上さんは起業家として大変有名ですので とても「らしい」授業が展開されています。

「起業部」には入部するときに審査があり、 審査員にはホリエモンさんや夏野剛さんが。

「投資部」には村上ファンドの村上さんの授業があるそう。

経済界や芸能界の有名な方の特別授業や プロジェクト型授業などもあり、 マスコミがとりあげたくなるコンセプトをいろいろと 取り入れている感じがしました。

ちなみに、 N高はネットコースと通学型コースがあり、 ネットコースはコストパフォーマンスがよいといえますが、

通学型の授業料は当然高くなり、 一番高いプログラミングコースだと年130万円くらい。

以下、週3通学、週1通学コースなど選択できます。

ネットと組み合わせることで 学校にいく頻度に選択肢があるのは 子どもたちにとってよいしくみのように思いました。

私が注目するのは、 キラキラ系のコンテンツより

学校に行けなくなった人や 経済的に学校に行くことが難しい人の 受け皿になり得るか?ということです。

どうしても目立つところに注目がいってしまいますが、 ベンチャー系の授業がはまる人がすべてでは ありませんし、 やや経済産業省や文科省との連携などが 「将来の起業家人材を育てたい」という方針の おしつけのようにも見え、 (ひねくれ目線でごめんなさい🙏)

本当に生徒ファーストなのかな・・・と 思ったりもしてしまいます。

私は高校時代から走りすぎなくても いいのかなと思う方です。 ゆっくり、じんわりと過ごすことも大切ですから。

私は 学校があわなくなった子や 経済的な事由で進学が困難な子が 好きな時間に学べる自由をえられるのだとしたら 大変すばらしいし、N高の価値だと思いました。

1万人以上いる生徒さんのタイプとかニーズとかは おそらくかなり多様だと思いますが 共通点なども知りたいと思いました。

もしも私が地方に住んでいて 今高校生だったら・・・・

N高のネットコースに入り 都会の仲間とつながりつつ、 伝統工芸の師匠にお弟子入りさせていただき 働きはじめたいな、とか思います。^^

自由な時間、多様な選択肢を どう生かすかは自分しだい。

いろんな格差社会ですが、 モチベーション格差が一番大きいかもしれませんね。


5回の閲覧

© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス