• フジワラユカ

【風水】トイレの便座カバーがなくなる日も近い?!


皆さんのお宅のトイレはカバーあり?なし?

最近のネット調査によれば72%が温水洗浄便座で、54%は暖房便座なんだそう。

ますます高性能のトイレが登場していて、 高齢者のための便座立ち上がりとか、自動除菌洗浄とか、至れり尽くせり・・・。

トイレの進化によりカバーが必要なくなっていますよね。

風水の観点でも、カバーはないほうがよいと言えます。

不浄なものを流すトイレですから、

便座カバーはちょうど不浄なものを吸収する場所にあるため、 「ためる・吸収する」役割になるカバーは、

不浄なところにはない方がよいと言えます。

ふたや足元のマットはお好みであってもよいと思います。

昭和の時代のお手洗いは、

カバーをしないと冷たい、寒いというのがありましたよね。

金属のパイプや、タイルなどがあったりしてカバーがふつうに欲しくなりました。

あとは、和式から様式にうつるときの流行りもあったかもしれません。カバーってなんかわくわくした感じでてましたよね?

最近は暖房機能もついているし、カバーをしないことが前提になってきています。

便座がむきだしになるけれど、その分壁紙に暖色系を選ぶことが増えてきました。

これはいい傾向!!

壁紙はベージュとか薄茶とかが多いと思います。

これらは「土」の色で、水場のトイレにおいてとてもバランスをとってくれるカラー。

トイレの空間はよい方向にいっているなあと思います。

「トイレはきれいにすると金運に恵まれる」

と思っていらっしゃる方は多いようですが、金運にかりぎません。

その場所がバグアのどの位置にあるかということもありますし、

その他にも「古い概念を流す場所」という深層心理の意味があります。

そこが綺麗で整っていれば、心身ともに常にリフレッシュしたわたしでいられる✨

というわけ。

トイレカバーそろそろ手放してもいいかな、

と思ったらそのタイミングかもしれません。

ご参考になりましたら幸いです。

★風水バグアを知るMAPはメルマガ登録で  ダウンロードしていただけます。 http://fusuitokyo.raindrop.jp/lp_1/

★風水個別相談メニュー https://ex-pa.jp/s/uketsuke

☆お問い合わせはこちらへどうぞ info@yukafujiwara-consulting.com

#コンテンポラリー風水 #トイレ風水


© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス