• フジワラユカ

【風水】1つ割れて2つになった小さなタジン鍋の物語


連休明けのお仕事始め、お疲れ様です。

今日は風水訪問コンサルティングで出会えた

素敵なストーリーをご紹介します。

クライアントさんはとても素敵な女性で、

新しい道に向かって一歩を踏み出すために

風水コンサルティングを希望されていました。

お部屋全体も大人の女性の雰囲気がありましたが、 風水バグアマップの「愛」のエリア

(玄関に入ってお部屋を見渡したときに右手奥あたりになります)は、 ややシンプル。抑制的な印象でした。

パートナーとの関係に課題はなく、 結婚へのステップについて

自然に流れができてくるといいなあという気持ちをお持ちでした。

私はクライアントさんのセンスを尊重しながら さりげなくペアのものを置いてみたいと思い、 お部屋の中にある「ペア」のものを一緒に探しました。

そうしたら・・・・

「こんなものはどうですか?」とでてきたのが

小さなモロッコのタジン鍋の置物✨

「恋人」から「結婚」へ発展していく感じがする2つのお鍋に

ピン!ときました。

食事は生活の基本ですものね。

そしてこのお鍋、 実はもともと3つあったそうなんですが 1つ割れてしまって2つになったのだそう。

再びピン!ちょっとぞくっとしました。

ペアになってくれたタジン鍋は、 「愛・リレーション」をサポートするエリアにぴったりだと思った私たちは、

さっそく簡易ですが空間をアレンジ。

それがこちらの写真です。

少し大きさの違うタジン鍋、夫婦の豊かな食卓をイメージできませんか?

・・・その人にとってぴったりのものが、    すでにお部屋の中にある。

これは風水のMark Ainley師匠がでよく言われていること。

まさにそうだなあと実感。

愛のシンボルというと、ハートとか可愛らしいペアの置物とかもよいのですが、

こういうペアってなんとも素敵だなあと思いました。

こうした物語がみなさんにも、あると思います✨

ピン!ときたらぜひご体験くださいね。

★風水バグアを知るMAPはメルマガ登録で  ダウンロードしていただけます。 http://fusuitokyo.raindrop.jp/lp_1/

★風水個別相談メニュー https://ex-pa.jp/s/uketsuke

☆お問い合わせはこちらへどうぞ info@yukafujiwara-consulting.com


© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス