• 藤原由佳

【経営のヒント】3つの営業


私の尊敬する、経営者さんのお話です。

その会社は、高齢者の旅行や外出を支援するために「トラベルヘルパー」という

新たな人財を育て、「介護旅行」の老舗として知られる会社です。

旅行のプロ+介護のプロという、専門スタッフを育成し、無理と思われるような海外旅行までも

「あきらめない」姿勢でご本人やご家族の多くの願いを叶えてこられました。

トラベルヘルパーさん、どれだけスキルと人間力がいる仕事だろうか?と思います。

私も一度、「原宿と明治神宮界隈を車椅子でツアーする」という経験をさせてもらったのですが、

段差や階段、砂利道、そしてちょっとした傾斜もしんどい。本当に心細くなりました。

すごく力がいるし、お体の体調に気を遣わなければいけないご高齢のお客様と一緒に

すべて一人でサポートするわけですから、専門的な知識やスキルだけでなく、

とっさの判断、覚悟、とにかく「人間力」が問われるのです。

まして、ご高齢者になると、少しわがままになったりするものですから、

どんなに人柄がよく優秀なトラベルヘルパーさんであっても、

うまくサポートできない日があると思います。

この会社を創業されてきた社長さんは、

トラベルヘルパーさんに「3つの営業」の話をするんだそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

3つの営業というのは、3つの声がけなんですが、

①自分のための声がけ

 「次はどこに(一緒に)おでかけしましょうか」

②自分がうまくできなかったことに対する声がけ

 「今日はうまくできなくて、ごめんなさい」

③ともに働く仲間のトラベルヘルパーのための声がけ

 「仲間のトラベルヘルパーには○○が上手なすばらしい人がいるんですよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・

という3つ。

とくに3番目がとてもしばらしいと思いました。

力に自信がある人、コミュニケーションが得意な人、介護スキルが高い人、道案内が得意な人、

などなど、強みも一律ではないですし、お客様との相性もありますよね。

性別や年齢層だってさまざま。 もしも、そのときマッチングがあわなかったとしても、

他にもすばらしい「トラベルヘルパーがおりますから、ご安心ください」と言えること。

自分の指名につながらないかもしれないけれど、お客様の立場で、仲間をアシストするという姿勢

すばらしい「人財ビジネス」をなさっていると思いました。

その会社はこちらです。あ・える倶楽部の介護旅行

http://www.aelclub.com/

冬場は旅行とかいけずさみしくなりますが、お墓まいりやちょっとした外出は生きる楽しみ

ご相談はこちらへ

http://www.aelclub.com/contact/travel_form/

経営コンサルタント:藤原由佳

#トラベルヘルパー #介護旅行

13回の閲覧

© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス