• 藤原由佳

【風水】引っ越すならどんな間取りの部屋がいいか?


と尋ねられたとしたら、 今現在の私の回答をかいてみたいと思います。

こんにちは風水コンサルタントのフジワラユカです。 9月に入り風も秋めいてきましたね〜。

日頃お伝えしているこの風水は、 今いるお部屋がどんな条件であれ、 今よりもその人の「人生の流れ」をよくする

「実践的な手法」を示すことができるものです。

でも、お引っ越しをする可能性は 誰にもあると思いますので 知識として頭にいれていただけたら いいかなと思います。✨

【引っ越すならこんな間取り】

①四角い間取り(欠けがない) ②陽あたりがよい ③お掃除しにくい死角がない ④寝室のための居室が狭すぎない ⑤ベランダに植物がおける

という感じでしょうか。 近隣環境などを省いて、間取りに関してのみです。

①の四角いお部屋がよいのは、 バグアの8つの幸せの支援がどれも行き届くから。 欠けがあると、例えばそこが自己成長のエリアであれば、 自分のマインドと向き合い高める機会が薄いお部屋 ということになりますし、 財運であれば、愛情運であれば… それぞれの支援がもともと薄いということになります。

②の陽あたりはいわずもがなですね。

③のお掃除しにくい死角は、 マンションのベランダ周りなどで時々みかけます。 お掃除できない→汚れが溜まる→ エネルギーダウン→そこを見ない→死んだ空間になる。 どの部分も ご自身できれいにできるかどうかを 確認してください。

④寝室のためのお部屋が狭い、 というのは 新しい素敵なマンションにもよくあります。 リビングやバルコニーは広いのに、 居室がその分狭くなっているというもの。

小さな寝室、小さな書斎… 中には納戸と化してしまうケースもあるので そのような間取りは残念だなあと感じます。

寝室はとっても大切。 パートナーの方とのリレーションシップをあたためる上でも 疲れをとってエネルギーをチャージする上でも 最重視したいお部屋です。

ベッドの両脇に空間がつくれるほど 広さがあるのが望ましいです。

お部屋がたくさんあるようにみえて 小さめの居室になっているケースがりますので、 どのような用途として使うお部屋かをふまえて チェックしてみてください。

⑤のベランダの植物も重要です。 高層マンションだと、強風のため 何もおけない、ということがよくあります。 せっかくの広いバルコニーに、 何もおけない、窓もあけられない、というのでは もったいないですよね。

植物は隣接する負の環境、 たとえば電線や高速道路などを 和らげる効果もある、 風水パワーツールですので、 植物ががおけるかどうかは、要チェックかと思います。

いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、

今あるお部屋に欠けがあったり、 使いづらいお部屋があっても大丈夫です。 今より必ず良くできる方法はあります^^

ご参考にしていただけましたら幸いです。

お引っ越しのご相談もお受けしています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★風水バグアMAPプレゼントしています!

 メルマガ登録はこちら

http://fusuitokyo.raindrop.jp/lp_1/

★風水のことをもっとくわしくはこちらへ

https://ex-pa.jp/s/uketsuke

#間取り図風水 #風水鑑定 #風水インテリア #良い間取り #引っ越し風水鑑定 #欠けのある部屋 #風水バグア #バグアマップ #タワーマンション風水 #コンテポラリー風水

0回の閲覧

© 2016 藤原由佳コンサルティングオフィス